登記していない妻が役員!?妻への賞与が否認されてしまう

まだまだコロナの影響があります。

辛いときですが、webミーティングを使用しながら外出自粛をしていきましょう。

 

さて、今回は

会社の登記簿謄本上、役員でない代表者の奥さんが

税務上では役員としてみなされてしまう場合について

ご説明します。

 

税務上では

登記簿謄本上役員でない奥さんが

下記の要件を満たすと役員としてみられてしまいます。

①代表取締役(旦那さん)が会社の株式(議決権)を51%以上持っている。

②その会社の主要な業務を執行する会議に参加していること。

(取引先と直接やり取りをしたり、値決めなど代表者が行うようなこと)

 

この要件を満たす奥さんに会社から賞与を出してしまうと

この賞与に関しては 

税務上、費用として否認されてしまう可能性が

非常に高いです。

 

節税対策と解して

ご家族に賞与を支給する場合には

気をつけて行きましょう。