大事!外注費(費用)と仕掛品(資産)

税務上、

売上と

それに対する外注費は同時計上するルールがあります。

 

例)設計事務所 7月決算

A工事 受注額 100,000円

図面作成を外部に委託しました。

図面の外注費50,000円

7月に受注し、8/15に制作完了し請求しました。→売上計上8/15

外注費は7/31に支払いました。

 

上記例の場合

設計の完了は8/15に計上されるため

7月決算には売上計上されません。

これに対して7/31までに支払った外注費は

経費として計上できるのでしょうか。

 

答えは・・・できません。

 

売上と外注費は同時計上しなければなりません。

そのため先に支払った外注費のみ経費として計上し

利益を少なくすることは禁止なのです。

この場合の外注費は仕掛品という資産の科目に一時的に計上

翌年売上が計上されたのと同時に

費用として計上されます。

 

皆さんのお気持ちはわかります。

会計はなんて複雑なのでしょう。

理屈はわかるのですが

合理主義に走るあまり一般の社長が理解するまでに

浸透しずらいですよね。