25日 5月 2020
店舗のキャッシュレス決済が中々進まない要因は下記の通りです。 手数料が高い。 端末導入費用が高い。 入金サイクルが長い。 日本でも色々と決済方法が増えてます。 ペイペイやラインペイは端末費用が発生しないみたいです。 手数料も一定の無料期間があったり入金サイクルも比較的早いです。 入金サイクル ラインペイ→月1回 ペイペイ→最短翌日...
25日 5月 2020
日のキャッシュレス決済比率は約20%です。 これは他の海外諸国に比べて非常に低い数字です。 他の諸国については次の通りです。 韓国 96.4% イギリス 68.6% 中国 65.8% オーストラリア 58.2% ・・ アメリカ46% 比べてみると日本のキャッシュレス比率の低さがわかります。 (理由 日本のお札は優秀すぎて偽札が作られにくい...
02日 5月 2020
税務上、 売上と それに対する外注費は同時計上するルールがあります。 例)設計事務所 7月決算 A工事 受注額 100,000円 図面作成を外部に委託しました。 図面の外注費50,000円 7月に受注し、8/15に制作完了し請求しました。→売上計上8/15 外注費は7/31に支払いました。 上記例の場合 設計の完了は8/15に計上されるため 7月決算には売上計上されません。...
02日 5月 2020
開業前に 開業のために使う経費は 経費として計上することができるのでしょうか。 答えは・・できます。 開業費として計上できる主なものは 下記の通りです。 ・取引業者と打ち合わせ飲食代 ・打ち合わせのための交通費 ・セミナー参加費用 ・広告宣伝費用などなど 開業前の経費を計上することができれば 少しでも節税になりますね。...
30日 4月 2020
4月も今日で終わりですね。 今年はコロナの影響で五輪延期、自粛要請、使える助成金の少なさ。 経営者にとっては大きな痛手です。 世の中が暗くなる中、私の知人はこんなことを言ってました。 今まで何とかなってきてたからこれからも何とかなるよ。 大事なのは今元気でいること。 明るい考え方はとても大事です。 前置きが長くなりましたが...
28日 4月 2020
コロナによる自粛中で 食べることしか楽しみがないですね。 さて飲食費ですが 相手先と金額により 会議費、交際費、福利厚生費に区分けがされます。 取引先との飲食費で一人当たり5,000円以下 → 会議費 取引先との飲食費で一人当たり5,000円超  → 交際費 ※いずれにせよ経費になるのですが 税制上会議費に区分けできるのであれば...
21日 4月 2020
まだまだコロナの影響があります。 辛いときですが、webミーティングを使用しながら外出自粛をしていきましょう。 さて、今回は 会社の登記簿謄本上、役員でない代表者の奥さんが 税務上では役員としてみなされてしまう場合について ご説明します。 税務上では 登記簿謄本上役員でない奥さんが 下記の要件を満たすと役員としてみられてしまいます。...
17日 4月 2020
社長個人の資金繰りが悪く、 会社からお金を借りた場合には 注意が必要です。 注意1 まず会社からお金を借りて返すつもりの場合には 金銭消費貸借契約書の作成が必要です。 税務調査の際に この契約書がないと 会社から役員にお金をあげた(賞与)だと 思われてしまいます。 これは非常に不利です。 役員賞与は税法上、費用扱いしてくれません。...
16日 4月 2020
先日お客様より こんなご質問がありました。 冷蔵庫とかパソコンとかは資産なのはわかるけど 歯ブラシや文房具は費用? 使用しつづけられるのであれば 資産になるのかしら。。 すごくいい質問です。 こういう良い質問を聞くと 小学校や中学校でも租税教育をしてほしいなと思います。 さて本題に入ります。 概要だけ抑えるとしたら 10万円以上が資産...
15日 4月 2020
個人事業主さんですと 事業主用の普通預金は個人のものになります。 これに対して 会社の普通預金は会社のものであり 社長個人のものではありません。 会社からお金をもらうには 給料(役員報酬)としてもらうことになります。 ここで会社から役員報酬をもらう注意点を記載致します。 ①役員報酬は例外を除き、毎月・同じ金額を支給しなければなりません。...

さらに表示する